出産してからくせ毛よりも髪のぱさつきと白髪が気になる

1. 髪の毛や育毛で悩みだした年齢を書いてください。例:30代など

 

10代後半と30代

 

2. あなたの髪の毛や育毛に関するとお悩みと、何か改善に向けて工夫していることをお聞かせください。

 

10代の頃から、髪の量が多い・太い・くせ毛・ふくらむという悩みをもっていて、

 

ストレートパーマが普及し始めた頃からかなりの頻度で利用していました。

 

ナチュラルウェーブのようなくせ毛なら「くせ毛を生かした髪型」にするのもよいと思うのですが、

 

うねる上にふくらむので、肩より短い髪形にできず、ショートにする場合はストレートパーマが必須でした。

 

しかも、髪が黒いので、頭が重く見えるのもコンプレックスでした。

 

30代を過ぎ、出産してからは、くせ毛よりも髪のぱさつきと白髪が気になるようになりました。

 

加齢と、子育てで忙しく、髪の手入れに時間をかけられないことも原因の一つだったかもしれません。

 

髪が生乾きのままで寝てしまったり、子どもと一緒に入浴するとゆっくりトリートメントなどをする余裕もなかったので。

 

きれいな髪のママを見ると、どうやって時間を作っているんだろう?と不思議になります。

 

最近は、娘も私と同じような髪質になってきたので、ある程度遺伝もあるので仕方ないのかな、と思うようになりました。

 

髪のぱさつき対策としては、オイルシャンプーを使う、トリートメントとリンスをダブルで使う(時間に余裕のある時だけ。

 

リンス→トリートメントの順で)、洗い流さないトリートメントを髪につけて就寝する、などです。

 

また、朝髪を整える時にベビーオイルを少量毛先につけると、潤いが保てることに気付き、使っています。

 

最近の髪型は、ストレートパーマを全体にかけ、毛先だけ大きなロッドでデジタルパーマをかけています。

 

それでも、ストレートパーマの効果がなくなってくると、頭頂部からふくらんで見えてしまうのが悩みです。